自作PCのメモリ容量のスタンダード

メモリの一般的で最適な容量

現在のパソコンのシステムは2枚のメモリに同時アクセスをして転送速度を高速化できるディアルチャンネルに対応している。そのため2枚一組でメモリを使うのが一般的になっています。メモリモジュール1枚あたりの容量はDDR2で2GB、DDR3では4GBが主流になっています。

 

そして個人の使い方によりますが多くの場合は4GB2枚を使った総容量8GBのメモリがあれば十分だと言われています。ただしゲームメインで使う場合、最近では要求メモリ容量が8GB前後のゲームタイトルも多くなってきました。そのためゲーム主体で考えるなら16GBを搭載させるのも一般的になりつつあります。

 

高速メモリの性能を最大限に引き出す方法

メモリの中にはOCメモリも登場している。一般的なメモリよりも高速にデータの読み書きをして素早いパソコン環境を作ってくれるメモリである。ただし性能を最大限に引き出すには少しコツがあります。

 

性能を十分に引き出すにはマザーボードのUEFIセットアップを利用して設定の変更を行うことが大切です。ここで設定を変更することでOCメモリの能力を最大限に引き出す設定が可能となる。

 

高速メモリの特徴

高速メモリは特にCPU内蔵GPUにおいて非常に大きな恩恵を受けることができる。GPU内蔵モデルは単体でビデオメモリを持っていないのでメインメモリにアクセスして利用しています。そのため高速メモリを使用することでグラフィック性能に大きな影響を与えるとされています。

 

これはGPU自体の性能が高く高速であるほど影響を強く感じるようになります。シングルチャンネルアクセスでは性能が大きく変わってくると言われていますよ。ベンチマークでもメモリが早ければ内蔵グラフィックスコアも若干ですがスコアが上がることも確認されています。