自作PC延命にためにSSDをグレードアップ&GPU交換

延命のためのSSDの交換

自宅で使っているメインPCが、ある日突然悲鳴をあげました。と言っても「ギャー」、とか「グエッ」とかほんとに悲鳴をあげた訳ではありません(笑)

 

Cドライブの空き容量が無くなり、起動しなくなってしまったのです。このPCは、初めて自作をしたものなので、かなりの思い入れがあるのですが、いかんせん作ったのはかれこれ7年前。小学3年生の子供がまだチャイルドカーに載っていたくらいなので、そう考えるとかなりの年代物。かといって作り直せるほど財力もありません。

 

構成としては、初期のcorei7 2.2GHZ メモリ4GB ストレージはSSD32GBx2 のRaid0という構成。32GBなんてスマホにも負けてるじゃん!と鼻で笑う方もいるでしょうが、当時SSDはまだまだ普及してなくて、高価なものだったのです!(泣)

 

貧乏な私の中では、少し手を加えればまだまだ戦えるスペック、と考え、少ない投資でスペックアップを図ることにしました。以下が変更点。

 

  • メモリ4GB→16GB(OSは64bit)
  • ストレージ32GB→100GB

 

スペックアップと言ってもたったこれだけ。しめて12000円。でも、たったこれだけで一気にサクサクのヌルヌルに大変身!OSもwindows10にアップグレードし、気分は新PC!(笑)少しの投資で、まだまだ活躍できるのが自作PCのいいところ。皆さんも、自作のPCが「ちょっと動きが遅くなったな」と感じたら、すこーし投資をしてみてはいかが?(本当にSSD、すごく安くなってるんですね....)

ついでにビデオカードを強力にした理由

私は今まで、デスクトップに増設するビデオカードを最初に購入したローエンドのものから順当にステップアップしてきました。まあそこまでスペックが必要なものといえば少々のゲーム程度のものですが、最近では描画にGPUを使うペイントなども出てきたため趣味のイラストの点などでも無駄になっているわけではありません。

 

が、我ながらそんな用途でGTX970はさすがにオーバースペックとは思っています。まあ最近のNVIDIAはワットパフォーマンスでAMDを大きく引き離しておりAMDerを自称できる程度にずっとAMDを遣い続けた私ですが負荷や電力を考えついにNVIDIAへの鞍替えを決意する事に至ったわけですけどね。心なしか電気代も下がった気はします。

 

さっきから無駄ではないばかり言っている気はしますが、正直今の用途ではやはりビデオカードのパワーは過剰といわざるを得ません。とは言っても、たまに使う一部のソフトが非常に高負荷であるため今更後戻りをするつもりもないんですがね。