CPUクーラーの知識やおすすめのCPUファン

CPUクーラーのフローによる違い

CPUの温度管理に欠かすことのできないCPUクーラー。排熱処理はパソコンの寿命に大きく関わってきます。そこでおすすめCPUクーラーと基礎知識などを紹介していきます。まずCPUク−ラーにはトップ、サイドフローといった2種類のタイプが存在しています。

 

この2つによる冷却効果の違いはトップフローはCPU、マザボのチップセット、メモリなど広範囲にわたり冷やすことができます。そしてケース上部に取り付けるようになるのでコンパクトなケースにも対応できるのが魅力の一品です。逆にサイドフロータイプのCPUクーラーは空気の流れに安定するようになっておりエアフローによる通気性が非常に良いモデルとなります。もしパソコンの温度管理を徹底するのであればトップフロー、サイドフローと2つをつけるとかなり良い感じに内部温度を下げることが可能となります。

 

CPUクーラー選びのポイント

CPUクーラーも多くの種類、メーカーあります。特に重視したいのが冷却性はもちろんですが静音性にこだわることが大切。回転数が常時高いとファンの回転音が非常に雑音に聞こえてしまうケースも少なくありません。また大型CPUクーラーはファンが大きいため冷却性能は高いですが本体自体が大きくなるため他パーツと干渉してしまう可能性が高いです。そのため取り付け時に困難になることもあるので注意をしておきましょう。

 

そして設置するときははCPUクーラーの向きも大切。風の流れと逆方向につけてしまうと熱を持った空気が押し戻されてしまうためよくありません。しっかりとパソコンのエアフローを意識してベストポジションにCPUクーラーを設置してあげることが大切です。

 

おすすめのCPUクーラー虎徹

虎徹は低コストなのに高い冷却性能を持ったCPUクーラーです。ヒートパイプはなんと4本もあり夏場でも安定して内部温度を冷やしてくれます。実績を見ると100度まで温度が上昇していたCPUを半分の約50度近くまで下げたといった実績のある実力派CPUクーラー。価格も安く自作PCとしてCPUクーラーとしても高い人気を誇っています。

 

この虎徹はサイズ製になっていますがサイズには他にも多くのCPUクーラーがあります。価格もお手頃価格が多いので気になった方はサイズ株式会社を検索してみましょう。冷却性、静音性など多機能モデルが準備されています。